プラセンタでバストアップ

ふくよかで形のいいバストラインは全ての女性の憧れですよね。でも、夢ではありません。実はプラセンタには、バストアップ効果も期待できるのです。

胸のイメージプラセンタが美容や健康に有能であることは有名ですが、バストアップの効果はあまり浸透していないため、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

バストアップといえば、豊胸手術でシリコンを入れるイメージをお持ちの方も多いでしょう。胸を大きくしたいけれど、体にメスを入れることに抵抗ある方も少なくないはずです。プラセンタは豊胸手術ほどの高いバストアップ効果があるわけではありませんが、確実にバストにハリが生まれ変化を感じることができるはずです。しかも自然な状態でバストアップに繋げられることからひそかに人気です。

バストが大きくなる仕組み

女性が妊娠すると、誰でもバストが大きくなりますが、これには女性ホルモンが関係しています。

女性ホルモンには、黄体ホルモンのプロゲステロンと、卵胞ホルモンのエストロゲンがあります。このふたつのホルモンのうち、プロゲステロンの分泌が活発になるとバストが大きくなります。

プロゲステロンの増加で乳腺が発達し、その乳腺を保護するために脂肪が蓄えられてバストが大きくなります。

何故プラセンタでバストアップできるのか

プラセンタで胸を大きくプラセンタには、ホルモン調節作用という効能があります。

たとえば、バストが小さい人は、女性ホルモンの分泌不足が考えられます。プラセンタを摂取することで、このホルモン調節作用が不足を補うよう働きます。加齢に伴って女性ホルモンが減少している女性では、不足を補うことでバストにハリを与えることができます。

また、生理前のイライラやストレスで自律神経が乱れると、ホルモンの分泌に影響を与えます。プラセンタの自律神経調節作用が、自律神経の乱れを整える働きをします。

女性ホルモン妊娠&出産時期の女性は、バストが大きくなりますよね。これは女性ホルモンが活性化されるためです。女性ホルモンの影響で乳腺が発達するので、出産間近になればなるほど胸が大きくなります。また、生理前もプロゲステロンが増加するので、胸が大きく張ってくるのです。

こうしてみると女性ホルモン活性化効果のあるプラセンタを取り入れることで、バストアップに繋がるのは誰もが納得するところでしょう。

そういったことから、自然なバストアップを目指したい方にはプラセンタがお勧めです。