プラセンタで、ニキビやニキビ跡の対策

ニキビというと思春期の若者のシンボルというイメージですが、最近は大人ニキビで悩む人も多いようです。

ニキビができて困る大人ニキビは、新陳代謝が低下して肌のターンオーバーに乱れが生じ、毛穴に古い角質が蓄積されることによって起こります。

次にお肌の乾燥です。乾燥した肌は皮脂が過剰に分泌されるので、アクネ菌の温床になりやすいのです。こうして詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしたものが大人ニキビです。

そして、治った後でも周囲の組織がダメージを受けているため、ニキビ痕となって残ってしまう場合もあります。

ニキビ、ニキビ痕の原因

大人ニキビの原因は、過剰な皮脂ではなくもう少し根の深いところにあります。

原因としてあげられるのは、ストレス、睡眠不足、食習慣の乱れです。また、生理前など、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)より、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になることも一因としてあげられます。

プロゲステロンの分泌がさかんになると、皮脂の分泌が促進されるので、大人ニキビができやすくなるのです。ニキビ痕では炎症の悪化や、刺激の強い化粧品を使用することでもニキビ痕リスクが高まります。

ニキビ、ニキビ痕にプラセンタが効く理由

プラセンタでニキビなしプラセンタには、抗炎症作用、保湿作用があります。抗炎症作用がニキビの炎症を抑え、症状が長期化するのを防ぎます。

また、乾燥した肌は皮脂が過剰に分泌され、アクネ菌の温床となってしまいます。プラセンタの保湿作用が肌の乾燥を防ぎ、ニキビを予防する効果があります。

ニキビ痕では、プラセンタの創傷回復促進作用、基礎代謝向上作用が複合的に働き、新陳代謝を高めて新しい細胞を生み出し、ニキビ痕を修復します。