プラセンタで、つや・透明感のある肌を作る

お肌は加齢や紫外線の影響を受けて次第にくすみ、ツヤや透明感をなくしていきます。一生懸命お手入れしても、失いつつある透明感やツヤは、そう簡単に取り戻せるものでもありません。プラセンタには、そんなお肌に欠かせないEGFという成分が含まれています。

お肌から透明感やツヤを奪う原因は、くすみです。くすみの原因は、肌のターンオーバーの乱れによる角質の肥厚にあります。ターンオーバーとは一定のサイクルで行われる表皮の新陳代謝であり、肌の生まれ変わりを意味します。このサイクルが乱れると、古い角質が堆積したままとなって厚くなり、くすみの原因となるのです。

話題の成分EGF

透明感のある肌プラセンタにはEGFという成分が含まれています。EGF(Epidermal Growth Factor)は、上皮成長因子、上皮細胞増殖因子、細胞再生因子などと呼ばれています。当初は火傷の再生治療に使用されていた成分ですが、現在ではアンチエイジング効果も認められています。

EGFは、表皮細胞のターンオーバーをうながして肌を整え、コラーゲンの増殖や血流を促進させます。EGFは加齢によって減少するので、ぜひ補っておきたい成分です。

また、これ以外にもプラセンタには、紫外線によって生じる活性酸素を除去する作用や細胞腑活化作用などがあり、これらが複合的に作用して、透明感のあるつややかなお肌をつくることが可能です。